今朝の夢は内容は覚えていないのですが、亡き父が初めて夢に出てきました。ても若々しく輝いていました。

星椎先生、アトランティス協会スタッフの皆様。この度は、高祖父のご供養をしていただきまして、誠にありがとうございました。

母親の夢 

いつもお世話になっております。ちょっと気になることがありました。お彼岸が終わったぐらいに、母が父親の夢を見ました。それが、母親を後ろから抱きしめて「俺、霊界に帰るのがいやや」と言ってたようです。

夢の中

先々月、ご供養していただいた父親が、私や、姉や、母親に会いに来てくれました。夢の中でですが、こんな風にしゃべったりできるなんて、成仏できたからなんだろうと思います。本当に星椎先生にご供養してもらったおかげです。

地上界と幽界の間

お彼岸が近づくと、奇妙な夢ばかり見るようになる。朝方、重苦しい夢を見た。それは、地上界にしては軽く、幽界にしては重い感じの夢だった。