顔というのは、その人の行動を分かりやすく表現している。意地の悪い人は、それなりに意地の悪い顔をしている。
それとは別に、意地が悪くないのに意地の悪い顔になっている場合がある。それは、遺伝子もあるが、背後の先祖霊の意識が強いために起きた現象でもある。健康な時には本人の人格にあまり影響がないが、体に不調が起きたり、老化によって体力がなくなってゆくと、次第に背後の先祖霊の意識が強く前に出てしまい、意地の悪い人格へと変貌してゆく場合がある。そのような影響を受けないように先祖の浄霊は必要である。