霊障の判断

ペット
霊障の判断の指標として一番分かりやすいのが、ペットの状態である。現在の日本は、子供よりも飼われているペットの数の方が多い。そして多くが、何かしら病気を抱え病院に通っている。一般に多い症状としては、白内障、皮膚病、下痢や嘔吐、異常な行動などである。そればかりか、最近では人間と同じ病気を発症するペットが非常に多くなっている。その代表が、ガンである。中には、飼い主と同じガンを患っているペットもいる。これらは、完全に先祖霊の憑依に他ならない。先祖の浮かばれていない霊は、ペットを家族の一員とみなし可愛がろうとする。しかし、ペットにとっては迷惑なことで、それが憑依となり異常な状態となり、最期は病気を起こして早死にをしてしまう。特に、家の中で飼われている犬などは、その症状が顕著である。このようなことを参考に家の状態を見ると、どれだけ荒れているかがわかるだろう。先祖の浄霊がしっかりされている家は、ペットも大きな病気をする事なく、すこぶる健康である。ペットを大事に思うのならば、同様に先祖を大事にしなくてはならない。