遺伝子

体に内在しているDNA(遺伝子)によって、我々の行動は左右され制限されている。我々の普段の行動には、先祖が努力した結果が遺伝子として影響を及ぼしている。
例えば、武士の子は武士になり、商人の子は商人になりやすい。これも、遺伝子が大きく関わっていることがよくわかる例である。遺伝はプラスもマイナスもある。熟練した技術などは良い遺伝となり、もっと磨き上げていく必要がある。逆にマイナスは、ガンなどの遺伝である。ガンや重病で亡くなった場合、その遺伝子は部分的に黒ずんでおり、末裔にその遺伝子は当然受け継がれることになる。霊的な観点から言えば、ガンや重病で亡くなった者たちは、成仏することなく家などを彷徨い、そして、末裔にその苦しさを伝えようとする。末裔が無視すると更に大きな手段を使う。自分と同じ病、交通事故や災害を引き寄せる。これが、一般的に憑依と言われるものでる。
このマイナスの遺伝子は、変えることができないものと考えられているが、実はアトランティス神による先祖の浄霊こそが、遺伝子の改善となるのである。浄霊により先祖霊が成仏すると、その黒ずんでいた部分の遺伝子が浄化され、マイナスがプラスに代わるので、結果的に病気が治るなどの事例として表れてくる。
先祖と末裔は切っても切れない状態であり、末裔の役割は、プラスの部分を磨き、自分の代でマイナスを改善していくことにある。そのために、こちらの浄霊は最善のものとなる。