軽い憑依現象

未だに供養をする事の意味が分かっていない人が多い。仏壇に手を合わせたり、お墓に行って掃除をしたりする事が供養だと思っている人がまだまだ多いようだ。
本当に自分の人生に疑問を持たないのだろうか。先祖が障害となっているにも拘らず、無視したり、弱い自分の隠れ蓑となって、宗教団体に入ったりしてはいないだろうか。まずは、解決しなければならない事があるのではないだろうか。解決するためにも、先祖が告げる行為を「霊障」という言葉で取り上げてみよう。
軽い霊障では、何故このようなミスをしたのか、何故このような場所に来たのか、何故あのような事を言ったのか、などである。更に詳しく見てみると、次のような例がある。

・突然、記憶が飛んでしまう
・絶えず眠気が襲ってくる
・何故か家族の顔を見ると腹が立つ
・亡くなった両親(家族)の夢を見る
・命日がとても気になる
・両親と同じ体の痛みがある
・病気ではないのにのどの渇きが絶えずある
・左足や左手をよく怪我をする
・左乳首に水子がお乳を吸っている感じがする
・立ちくらみがよくある
・偏頭痛をよく起こす
・白昼夢に見た事もない武者が現れる
・お寺回りをしたくなる
・体のいたるところに痒みを覚える
・パチンコなどのギャンブルが好きになる

まだまだたくさんあるが、一般の人はこのような事があっても、霊障とは思わず、そのまま自分の生活を続けている。しかし、体が衰弱したり年をとってゆくと、その症状も明確になり、果てはガンや認知症となるのである。現代医学も、医療費の高騰や介護料の重い負担を回避するために、初期の症状で食い止める方法を模索している状況と同じように、憑依現象も初期に感じとれば、重症にならずにすむ。昨今の殺人事件の多くは、このような軽い憑依現象を無視し過ぎた事によるものである。
(2020年5月18日)