車上荒らし

最近のニュースで、車上荒らしが取り上げられていた。深夜、犯人が、駐車場に停めてあった高級車を物色しようと、ドアを無理やり開けようとした。しかしうまくいかず、苛立っている様子を、防犯カメラがとらえていた。
近所の人が異変に気付き、警察を呼んで事件が発覚したのだが、これはプロの犯行ではなかった。犯人は当時、酩酊状態で、事件のことは覚えていないという。
一般的に見れば、酔っ払いの起こした迷惑な事件にしか見えないが、これは魂の入れ替わりが起きている。アルコールを飲みすぎ、その隙に背後の先祖と入れ替わっているため、本人は覚えていないのである。さらに、その不安定な状態で夜道を歩けば、魔や浮遊霊に憑依され、この様な事件を起こしてしまう。
また、車上荒らしにあった家も、先祖が荒れているため、家のオーラも非常に薄くなっている。そのため、このようなものを呼び込みやすくなっている。
先祖供養がしっかりできていないと、荒れた者同士が引き合い、双方が悪い方に向かってしまうというわかりやすい例でもある。先祖の浄霊は、先祖を助けるだけでなく、ひいては自分たちを助けるものであることを、理解する必要がある。