自殺者の相談

最近は、自殺者の浄霊の問い合わせが増えている。
宗教団体に入って先祖供養をしていたが、成仏できていないのではないかと思い、こちらに連絡してくる人や、または、親族や友人に自殺者が出て、慌てて問い合わせをしてくる人など、自殺者に関する相談が多くなっている。
通常は、まず「SUPER浄霊」の本を読み、浄霊というものを理解し納得した上で申し込みを受け付けている。これは、本物の浄霊がどういうものなのか、誰にでもできるわけではないのだという事をしっかりと理解してもらいたいからでもある。しかし自殺者の場合、浄霊を急ぐ必要があり、通常の手続きをとっている時間がない。どうしたらよいかと迷っているうちに、自殺者の霊に憑依され、第二、第三の自殺の連鎖へと向かってしまう危険性があるため、急ぐようにと伝えている。
特に自殺者の浄霊に関しては、どんな宗教家も霊能者も出来るものではない。霊能者たちの中には、簡単に引き受けてるものもいるようだが、迂闊に行うと、逆に憑依されてしまい苦しむ結果となる。それほど、自殺者の霊は強烈なのである。
日本では、未だに年間2万人以上もの自殺者が出ている。お経や法要、お墓参りなどでは、決して自殺者の霊は成仏しない。自殺者の魂を苦しみから解放し救うためにも、真剣にこちらでの浄霊を考えてみてはどうだろうか。