結婚会見

昨日、秋篠宮眞子さんと小室圭氏が結婚し、記者会見を開いた。質問は事前に受け付け、用意された回答を読み上げるという、おおよそ結婚会見とは程遠いものであった。相変わらず、自身や母親の借金問題にはほとんど触れず、逆にマスコミや国民に対する不満を吐露していた。双方の未熟さが際立ち、解決しようとする姿勢が一向に見えないことに、多くの国民の反発感情に油をそそぐ形となった。
以前も書いたが、この小室親子は詐欺師の類である。宮内庁もほとんど機能していないことも、今回の一件で明らかにされた。この親子は、過去世で皇室に恨みを持っており、生まれ変わってこのような皇室にマイナスをもたらすために仕組んで来た。眞子さんもそれに加担しているのだが、彼らの思惑通り、皇室の信頼を見事に失墜させることに成功した。そもそも小室家は、自殺者が出るほど先祖が荒れている。そのような家に、皇族である眞子さんが入れば、霊格のあまりの違いにより、結婚したことを後悔するだろう。
今後も、彼らは国民やマスコミの目に晒されるため、様々な角度で叩かれることになるだろう。背後にいる重苦しい先祖霊たちの反乱によって、幸せとは程遠い未来が待っているようだ。