神棚のお浄め

『この度は我が家お座敷の神棚お清めの儀式を執り行って下さりまして、本当にありがとうございました。
報告が遅くなりましたことをお詫びいたします。
9/16にメールをお送りした後で入浴していた際、神棚の背景の「天照皇大神」の掛け軸も神棚同様のお浄めが必要だと考えさせられ、改めて理解出来ました。10月に必ず申し込もうと決心しました。
9/23の儀式当日は勤め先の臨時休業日でしたが、私自身の業務都合で出勤して儀式を迎えることになりました。
実際に私が出勤したことで懸案に早急に対処できました。
当日は朝から美しい青空の好天に恵まれました。
スマホのリマインダーを儀式の5分前にセットして仕事をしていました。
仕事に集中していると作業服のポケットに入れていたスマホが鳴動したので、仕事のデータを保存してトイレに向かいました。
個室に入り便座に腰掛けて気持ちを落ち着かせてから合唱して儀式のお願いをしました。
まぶたを閉じて儀式の時を待ちました。
間もなく額の真ん中がジーンとして何かにつながれた感覚になり、全身が弱くジーンとしてきました。
眼前に様々な色の炎が勢いよく沸き上がってきました。
そのまま瞑想を続けていると、顔面の空間がグィッと右から左に少し動いたように感じられました。まるで絶対動かせそうにない巨岩を物凄い怪力でグィッと動かしたかのようでした。
神棚を覆っていた大変重たい負の存在を星椎先生が大変なお力を行使して排除して下さったのではないかと思いました。
しばらくしてから額の感覚が弱まったのに気付き、私は神聖な儀式を執り行って下さりましたことに対して合掌して感謝しました。
洗面所で手を洗って自分の席に戻り仕事を再開しました。
間もなく胸の中がスッと軽くなったことに気付きました。
私は仕事の手を休めて、しばし心の中で感謝しました。
午後に入ると曇ってしまいました。
星椎先生の儀式が終わり霊界の扉が固く閉じられたことを思いました。
仕事を終えて帰宅してみると、玄関を入ったときから何か雰囲気が違うことに気付きました。
就寝前に仏壇と神棚に合掌すべくお座敷に入ったところ、部屋一杯に不思議な雰囲気に満たされていました。
そして床の間にあります神棚から大変な存在感を感じました。
アトランティスの神様と星椎先生によりまして、形式だけの神棚が大変なお力で浄められ、神聖さを備えた真の神棚になりました。
そして先の週末に郵便局にウォーキングで出掛けてお手紙を無事受け取ることが出来ました。
掃除や今季の役目を終えた扇風機の後片付けなどを終えて一息ついてからお手紙を開封しました。
一読するとアトランティスの神様と星椎先生に対する感謝の気持ちで満たされました。
改めて儀式を執り行って合掌して感謝しました。
アトランティスの神様、星椎水精先生、緒方様、姫路様、児玉様、アトランティス協会スタッフの皆様方、何事にも代え難い大変神聖な儀式を執り行って下さりまして本当にありがとうございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
最近の家には見かけないが、神仏を大事にする家や古い家には、神棚を置いているところも多い。毎朝水を替え、いろいろなことを神棚に向かってお願いするので、神棚にも重い念が溜まりやすくなる。それが長年積み重なり、「神棚を覆っていた大変重たい負の存在」となっていた。「眼前に様々な色の炎が勢いよく沸き上がってきました」とあるように、儀式では、アトランティス神のパワーでそれらを完全に燃やして浄化してしまうので、儀式が終わった後には、霊感がある者にはその違いに気づくだろう。仏壇やお墓も、同様に見えない汚れが付着してしまうので、新しく建てた時などには魂入れやお浄めをするとよい。