相互扶助

『 昨日はご連絡と姫路様からのご伝言をお送り頂きまして有難うございました。
又本日、お手紙が届きました。
今回のご供養時、直前までお世話になりまして重ねてご浄霊御礼申し上げます。
お陰様でO家、М家の高祖父母、その父まで成仏することができ本当に嬉しく思っております。
庭のマリーゴールドが再度咲誇り、黄色のダリアもこんもり小山のように花を付けてご先祖様が喜んでくれていると思うと、星椎先生始め皆様には感謝の気持ちいっぱいでございます。
姫路様からの有難いご伝言、何回も読ませていただきました。
これからのご供養の心構えとしてしかと心に留めてまいります。星椎先生のご著書は続けて読ませていただきます。
多くの末裔の方がいらっしゃりお忙しい中、お心をかけて下さいまして誠にありがとう
ございました。とても嬉しく思っております。
入院中の姉は落ち着いてきております。
また二男は星椎先生とご縁を頂いた頃にお話があり結婚が決まりました。お陰様でございます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
有難うございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
こちらでの浄霊を続けていくうちに、物事がスムーズに進むようになったと実感する人は多い。実はこの障害となっていたのは、目に見えない先祖霊である。この障害を霊障と言うが、先祖霊の霊障は多岐にわたっており、先祖たちはあの手この手で末裔にサインを送っている。しかし、肝心の末裔がそれに気が付かないため、どんどん悪い方へと行ってしまうのである。
浄霊をすることで、その障害が少しずつ取れていき、霧が晴れていくように本来の道が徐々に見え始める。良くなったと油断して、そこで浄霊が止まってしまう人がいるが、それでは本末転倒である。道のりはまだまだ遠く、先祖たちは固唾を飲んで見守っている状態である。先祖のために頑張っていけば、今度は浄霊された先祖が応援に回る。本当の浄霊は、お互いを助けるという意味がある。