病気の相談

こちらへの問い合わせに、「病気を治したい」というものがある。つまり、病気の原因に先祖が関係していることは何となく理解できるため、それを何とかしてほしい、という内容である。
こちらは病院ではなく、先祖の浄霊を行う場所である。はっきり言って、先祖に対する認識がこのようなレベルのものがほとんどなのである。浄霊をすれば、病気が良くなるだろうというような考えを持つものが非常に多く、仮に浄霊しても良くならなければ、そこでストップしてしまう。このような結果を求めての供養では、決して良い結果には結びつかない。そのような考えで浄霊しても、それでは先祖が助かるだけで、病気は次の先祖に受け継がれ、末裔に反映されるには至らない。
逆に、結果を求めず、先祖を苦しみから救うために浄霊を続けていた人が、気づけば病気が治っていた、という例が多く報告されている。やはり、供養は無欲が基本なのである。
成仏できていない先祖は、一体や二体などではない。先祖供養はマラソンであるという事を理解し、浄霊を申し込んでもらいたいものである。