疑問

『・・(中略)ところで、当地でもコロナ感染者の気掛かりな増大が日々報道されておりますが、幸い勤め先を含め私の周囲では現時点で感染者は出ておらず、護られている感覚があります。
もしも私が感染すれば、勤め先に大きな迷惑を掛けるため、これからも日々の行動に注意していきます。
一方で私が気になっているのが、ワクチン接種については日々報道されていますが、治療薬に関する報道が殆ど入ってこなくなくなったことです。ワクチン
以前に星椎先生がコラムで述べられたように、本命はワクチンではなく、有効な治療薬や特効薬のはずです。
治療薬で患者が救済されれば、患者本人はもちろん、医療現場にとっても大きな負担軽減につながることでしょう。
どこかで治療薬開発の研究や試験がなされているはずですが、やはり何らかの利権がらみで圧力が掛かり表に出せないのかと勘ぐりたくなります。 』

  

星椎水精先生のコメント

メールにあるように、最近ではワクチンの話ばかりで、肝心の治療薬の話は全く報道されなくなった。このコロナ騒動を終息させるには、治療薬が必要不可欠であるのは、誰でもわかるはずである。
日本には、新型コロナが蔓延する以前より、インフルエンザ薬のアビガンや駆虫薬のイベルメクチンなど、コロナに対して効果がある薬が多く報告されている。さらに、以前紹介した5-ALAというアミノ酸も、治療薬として非常に高い効果が期待されている。それにもかかわらず、テレビや新聞では連日、なぜかワクチンの話ばかりである。
アビガンを否定するものの論調はいつも同じで、副作用の危険性についてばかりを取り上げる。では、ワクチンはどうなのかといえば、アビガンなど比較にならないほどの副作用がある。アビガンを飲んで死んだという話は聞いたことがないが、ワクチン接種での死亡報告は多数あり、因果関係もいまだに認められない事案も含めれば、健康被害は膨大な量となる。どちらが有害なのかは、冷静に考えればすぐにわかるだろう。
このおかしな背景には、製薬会社の利権も強く関係している。イベルメクチンなどは安価なため、お金にならないのだ。それよりも、巨額なお金が動くワクチンビジネスの方が、はるかに金儲けがしやすい。お金の動きを見れば、このコロナの構図が理解できるだろう。
今の日本人の頭は、かなりメディアに乗っ取られており、9割以上が洗脳状態にある。このままでは、はたと気付いた時には手遅れになっているだろう。