特効薬

ここ最近になり、またイベルメクチンについての情報が多く見られるようになった。イベルメクチンは、北里大学の大村智博士が発見した抗寄生虫病の特効薬で、以前よりコロナウイルスにも効くと言われていた。ネットでは、実際に処方してもらい治った人の話などが取り上げられていたが、早速、反対の意見の記事も出ていた。
「コロナ治療薬としてのイベルメクチンは、まだ初期研究の段階。未承認の段階でイベルメクチンを服用するのは非常に危険である。イベルメクチンの過剰摂取は、嘔吐、下痢、アレルギー反応、めまい、発作、昏睡、そして死を引き起こす可能性がある」という。確かに、コロナ患者に対し、どれくらいの量を処方すれば一番良いのかなどは、まだ確定していない。しかし、ならばその研究を日本が率先して進めればよい。なぜ、安全性が未確認のワクチンばかりにこだわるのだろうか。よほど、特効薬が出来てしまっては困る連中がいるのだろう。危険性を指摘しているが、そもそもイベルメクチンは認可されている薬であり、ワクチンのように死亡したり失明したり、様々な重篤な後遺症を出すものとは段違いに安全と言える。
コロナに罹患した俳優の石田純一などは、アビガンを処方され、治っている。ワクチン一辺倒ではなく、このような治療薬の開発に、政府はもっと注力すべきだろう。