災害

今回の水害を見てもわかるように、災害は、本当にいつやって来るのか分からなくなっている。天変地異は、地球の変動によるもので、人間はそれに従わなければならない。ただ、最近の温暖化や異常気象には、人間の行いが大きく関係しており、巡り巡って人間に返ってきている。
災害は、地球からのメッセージであり、さらにそこには先祖霊も加担している。重い先祖の霊を浄霊してあげることは、先祖だけでなく地球のためでもあり、地球の神も喜んでいる。先祖のためにこちらでの浄霊を頑張っている人は、先祖も認め応援し、災害を免れることもあるようだ。しかし、先祖のために無欲で一生懸命に行わないと、そのような恩恵を受けることは少ない。
現在は、いつ戦争が起こるやもわからない、油断できない状況になりつつある。少しでも早く、一人でも多くの先祖の浄霊が必要な時期に来ている。
他の宗教団体や霊能者での浄霊を、などと考えている暇はない。はっきり言って、他では絶対に本当の浄霊は出来ないのである。なぜなら、過去の神仏で、誰も浄霊した歴史はないからである。
私が浄霊を出来るのは、過去のアトランティスでの最高神官の時、水没する人々を全て助けたという歴史があるからで、他の宗教には、そのような歴史などは全くないし、キリストやブッダも浄霊の歴史はない。ましてや日本の神道にも、そのような歴史すらない。
将来への漠然とした不安は、先祖の気持ちそのものである。浄霊ができる人は、一刻も早く申し込むことである。