温かい気持ち

『 お世話になっています。愛知県のIです。
今日のご浄霊も、本当にありがとうございました。
時計を見たら11時1分だったので、その場で手を合わせ目を閉じました。その瞬間に胸が熱くなり、涙がこぼれそうになり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
今回ご浄霊して頂いた叔母さんは、祖母の愛娘になります。2人が霊界で笑い合っているのが目に浮かびます。本日も本当にありがとうございました。 』

  

星椎水精氏のコメント

よく、病気を治したいなど、浄霊後の見返りを期待するものも多いが、そのような気持ちでの供養を先祖は歓迎しない。あくまで、無欲での供養が基本となる。その基本ができておらず、考え方が悪いものは、いくらお金があろうとも、上からは決して浄霊の許可は下りることがない。
こちらでは、先祖を助けたいという純粋な気持ちが必要であり、本物の浄霊には、このような温かさで満ち溢れている。