沖縄慰霊の日

6月23日は、沖縄の慰霊の日である。76年前のこの日、沖縄での組織的な戦闘が終わった日とされている。約3カ月にわたる日米両軍の激しい地上戦によって、戦闘に巻き込まれた住民を含め、約20万人が犠牲になった。
最後の激戦地となった糸満市に平和記念公園があるが、そこの霊感の強い住民は、今でも戦時中の火柱を見ることがあるという。見えないだけで、霊たちにとっては未だに戦時中と変わりはないのである。
最近では米軍の普天間飛行場の県内移設をめぐって、沖縄戦で犠牲になった人々の遺骨を含んだ土砂が、施設建設に使われる恐れがあると問題になっている。かつて北九州の小倉にあった「そごう」というデパートがあった場所も、もとはお寺の墓所跡で、多くの怪奇現象を起こしていた。戦没者たちの怒りが、それと同じような末路に導くかもしれない。
戦没者たちに必要なのは、慰霊祭などではなく、浄霊である。何もしないよりはマシだが、いくら鎮魂や冥福を願ったところで、成仏とは無縁であることを早く理解しなくてはならない。