こちらでの浄霊を頑張っている人の中には、様々な障害によりできなくなる人がいる。よくあるのは、良いものだからと親族にも勧めた結果、「騙されているんじゃないの」となり、浄霊がストップしてしまうというものである。勧めたい気持ちは理解できるが、本当に浄霊を頑張るつもりであれば、それは賢明な策とは言えない。
ホームページや本によりこちらの浄霊を知り、申し込んでくる人が多い。良いものだから親族や夫婦で力を合わせて頑張っていきたいと思う人も大勢いるが、それはやめた方が良い。なぜならば、本人は理解できても、周囲の人間のレベルが低いと、変な宗教と判断され、そこでストップが入ってしまう。血の繋がりがあるからと言って、必ずしも全員が味方であるとは限らない。中には、因縁から、その家を良くさせまいとする魂の者もいる。そういった者に、気づかずに話してしまうと、浄霊をさせまいとする邪魔が入ってしまい、出来なくなってしまう。あくまで浄霊が理解できるのは、先祖に気づいた本人だけだと考えた方が無難である。中には、兄弟や夫婦、家族全員で頑張っている人もいるが、それはあくまで稀な例で、ほとんどは邪魔されないように粛々と一人で頑張っている。それが功を奏し、SUPER浄霊まで漕ぎつける人も多くいる。
家族や友人にも良くなってもらいたいという気持ちもわかるが、それは欲でもある。仮に家族に理解されれば、浄霊を進めていくのは楽になるだろう。しかし現実は、そんなに簡単にいかないようになっている。だからこそ、尊い人助けであり、「ノアの方舟」なのである。
こちらの浄霊は、たとえ一人でも、最後までやり切ってゆくという本人の強い意志と、無欲が試されているのである。