打算

こちらへのメールや電話での問い合わせで、「先祖供養をしたら、今の状況が打開できるか」とか「難病やガンが治るか」という質問が、あまりに多い。
これらのメールや会話は、先祖もしっかり聞いているし、末裔の考えていることは口に出さなくても理解している。少しでも自分のために浄霊(供養)をした場合、憑依したものを入れ替えるだけで、大きな変化をもたらさない場合がある。先祖たちは、気の遠くなるほどの夥しい数で末裔の後ろに並んでいる。仮に打算で一人二人浄霊しても、先祖はそれを見抜き、末裔には感謝もせず、肉体的な回復など何の変化も起こらずに霊は上がって行く。そういう末裔に限って霊感などないし、持ち前の疑い深い性格により、すぐにここでの浄霊を諦めてしまう。
現状を打開するためのものが供養であってはならない。あくまで先祖を助けるものであり、
無欲のまま進んでいくのが、最善の道となるであろう。