強行開催

東京オリンピックが開催される方向で進んでいる。メディアもこぞって「オリンピックまであと1カ月」と報道し、印象操作と既成事実を作り上げている。このオリンピックには、様々な者たちの欲望や策略が錯綜している。
一つには、オリンピックを利用したコロナワクチンのマーケティングがある。選手団にはワクチン接種を義務付け、コロナに打ち克つ五輪をスローガンに、世界中にワクチンを広げるためのプロモーションを行っている。しかし、オリンピックを誘致した際は、復興五輪であったはずだ。それが、いつの間にかコロナに打ち克つという話にすり替えられていることに、誰も疑問を抱かなくなっている。都合よく利用していることに、気づいてはいないのである。
二つ目に、お金儲けである。これだけコロナのパンデミックが広がっていると言いながら、なぜオリンピックを強行するのかと言えば、何がなんでも開催したいと思っている者たちが大勢いるからだ。その最たるものが、主催者であるIOCである。2期連続で会長になったバッハは、なんとしても利益を落としたくないと考えている。ぼったくり男爵と揶揄されながらも、相変わらずの無神経さと図々しさでお金に執着していることが、かえってスポーツ業界のイメージダウンを招いていることに気づいてはいない。平和の祭典などと美辞麗句を並び立ててはいるが、中身はお金まみれであることに、もう多くの者が理解している。
仮に強行に開催されれば、日本の経済力や信用が失墜するのは目に見えている。ワクチンを打ったからと言って、コロナに感染しないというわけではない。あくまで、発症のリスクを低減する効果があるだけで、感染はするのである。打ったらもう大丈夫と誤解している者も非常に多いが、ワクチンを打っても、無症状感染者が増えるだけであり、これがさらなる感染拡大を広げる要因になるだろう。以前書いたように、ワクチン接種とパンデミックの収束は無関係であるという意味が、ここにある。変異株を大騒ぎしているが、8万人とも言われる海外からのオリンピック関係者の入国を許せば、さらなるパンデミックが日本で起こるだろう。そのうち五輪株など命名されるかもしれないが、日本をめちゃくちゃにするのが目に見えているのに、一体これのどこが平和の祭典と言えるのだろうか。
数日前まで、選手村では飲酒がOKとなっていたが、国民の強い反発によって、急遽中止となった。国民には度重なる自粛を強制しながら、オリンピックだけ特別というのは筋が通らない。運動会はダメで、オリンピックは良いとするあまりのご都合主義に、国民の多くは呆れ果てている。
この開催の強行の裏には、誰が、何のためにしようとしているのかを考える必要がある。誰が利益を得ているのか、そしてそれによるツケを、誰が払わされるのか。利権だらけのオリンピックは、もはや過去の遺物となっている。淘汰の波は、この様な場所にも起こってきている。