家系図

 
『  いつもありがとうございます。
昨日はご先祖様2名の浄霊を執り行っていただきありがとうございました。仕事中にトイレでお祈りしました。出入りがあって落ち着きませんでしたが、清々しい気持ちになりました。
あと、司法書士の先生から、戸籍の取得ができたので、これから作成に入ると連絡がありました。送られてくるのが楽しみです。どうぞこれからもよろしくお願いします。 』

  

星椎水精氏のコメント

浄霊(先祖供養)を行うに際し、先祖の名前が必要になる。家に家系図があれば良いが、ほとんどの家はないか、或いはごく限られたものになる。お寺の過去帳も調べるように指導しているが、寺との付き合いがない人が多く、自力で調べることが困難になっている。そのため、一般的には除籍簿を取り寄せ、供養を進めてゆくが、ある程度まで浄霊が進めば、専門の行政書士に依頼するように勧めている。そうやって作り上げられた家系図には、先祖との繋がりがはっきりと示され、進むべき方向が見えてくる。こういう努力を、先祖は非常にありがたく思っているし、なにより成仏への貴重な第一歩となる。