南海トラフ

南海トラフ

『 2月にはご供養と方位除けのパワー入れ、大変ありがとうございました。
ご先祖様のご供養の申し込みをした数日後に、左の背中が痛くなりました。木の角でおもいっきり殴られたような感じがしました。その痛みはしばらく続き、心臓まで痛くなり息苦しさもありました。身体の中が痛い感じでした。けれども、子供達を抱っこする事も出来るし、普通に日常生活も送れます。最初はひねったのかなぁ?ぐらいでしたが、ふっとご先祖様かなぁとよぎりました。なので、ご先祖様に「あと○○日です。後少し、もう少しお待ち下さい」と言いました。しかし、痛みはますますひどくなるので、違うのかなぁと思ってみたりしてました。その後またふっと思い出したことがあります。
去年の11月頃だったと思いますが、私の家だけ?私の寝ている部屋だけ揺れた事がありました。おかしな話ですが、本当です。夜、子供を寝かしつけて、少し用事を済ませてから、さぁ寝ようと思ったらグラグラグラと揺れました。あわてて階段降りてテレビつけても、地震速報もないし携帯もならないし、???(不思議)でした。主人も仕事で居なかったので、誰に聞く事も出来ず不思議なまま布団に入った事がありました。
その事と関係があるのかもと思いご先祖様の生年月日等々見返し携帯で調べて見ました。すると、2名のご先祖様のお一人が南海トラフのあった時期におられました。もしかして地震で怪我をされたのかな、下敷きとまではいかなくても何かあったのかもしれないと思うと、私の背中の痛みのつじつまが合うような、府に落ちる気がしました。
その後もう一度、ご先祖様に「もう少しです。あと○○日です。星椎先生にお願いしてます。もう少しだけ、お待ち下さい。」とお話しました。しばらくして痛みも息苦しさもなくなっていました。やっぱりそうだったのかなぁ。と切なくなりました。しかし、姫路さんのお手紙を読んで無事にお帰りになる事が出来、ホッとしました。この度も本当にありがとうございました。
パワー入れはゆっくり星椎先生のパワーが優しく満たされる感じでした。家が暖かい愛情で優しく包み込まれる感じです。今もそう感じます。
こんな感じは初めてでした。去年はビシッと結界が張られて緊張感のある感じだったのですが、また違う感じ方に私も驚きと嬉しさでニヤニヤしてしまいました。
パワー入れも大変ありがとうございました。一年間安心して過ごせますね。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
この文章の後半に出てくる「南海トラフ」は、どうも本当のようである。地震などで亡くなった霊の特徴として、体が揺れるという記憶は、魂までその振動が残ったままの場合がある。まさに、この先祖は、その時の恐怖心が魂の振動として残っており、この振動は、転生してからも維持されるケースがある。それほど、地震や津波などの天変地異は、深く魂まで残されるものである。例えば、泳げない、海が怖いといった人は、過去に海で溺れた、或いは津波にあった人が殆どとなる。上記の場合、分かりやすい先祖の浄霊となったようだ。