北朝鮮事情

北朝鮮は、新型コロナウイルス感染症の患者や死者がいないと主張しているが、北朝鮮内部でコロナ感染による被害が拡大しているらしい。
新型コロナウイルス感染症が疑われる症状が出た場合、自宅に隔離し、隔離者の家のドアにくぎを打ち付けて外に出られないよう封鎖している、と言うのである。
今回、そこで死亡した5人は製鉄所を退職した老夫婦と、その娘夫妻と子どもだったことが分かった。さらに、私は数日前に、コロナ患者が北朝鮮にはいないという口実のために、患者の銃殺が頻繁に行われている、とも聞いている。
最近になって、平壌を中心に、新型コロナウイルス感染が疑われる患者たちに、中国とロシアから支援された診断キットを使ったところ続々と陽性反応が出た、というから、その範囲は相当の地域に広がっていると思われる。
3月29日に中朝国境付近に配置された北朝鮮軍の部隊で2月末以降、新型コロナウイルスの感染が疑われる死者が100人以上発生しており、今では全国に広がっているようだ。
ミサイル発射は、そのような痕跡の皆無を主張したもので、見栄っ張りの金正恩の芝居に過ぎない。
元々、韓国や北朝鮮は、先祖を大切にしない国なので、こういった殺伐とした事件が起きてもおかしくはない。