光と影

この地球では、皆が一様に光と影を作り出している。肉体から生ずる光の部分と影の部分。同時に光の当たる肉体部分と、自分以外の先祖の魂が影の部分となっている。俗に明るいといわれる人は、魂も明るく輝き、先祖もその魂を支援している。若いうちは力もあり輝きもあるが、いったん病気になると、その輝きも失ってしまう。パワーのある魂に先祖は近づけないが、パワーを失った魂に先祖は、一気に畳み込んでくる。これが霊障の始まりである。パワーの弱い魂は、生まれた時から、先祖から憑依され押し潰される。流産の多い家系は、このことが原因である。
このことを解決する最大の方法が、先祖の浄霊である。先祖に光を与え、浄化することによって、末裔が光り始める。光り輝いた末裔を生むことによって、家系はどんどん栄えてゆく。ただ先祖を仏壇やお墓の前でお祈りすることでは、光り輝いた末裔を生むことにはならない。