先祖の喜び

『 9月はH様の浄霊、ありがとうございました。
H様の家のお嫁さんとは友人で、浄霊後にランチに誘われました。
食事後に「デザートも食べよう」となり、急に友人が、「今日は、とっても気分が良いから、 デザートは、私が奢ります。」とご馳走してくれました。
普段は、旦那さんとの仲は、あまり良くなく、一人娘は就職して、2人だけの生活で会話もない、と旦那さんの悪口と愚痴を聞かされる事ばかりでしたので、「今日は、とっても気分が良い。」なんて言葉、聞いた事がありませんでした。
「ああ、これはH様の言葉だ。」と分かりました。
友人から、H様の気持ちを聞けて、とても嬉しくなりました。浄霊して頂けて本当に良かったです。
本当にありがとうございました。
12月の浄霊も宜しくお願い致します。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
文面からも、浄霊された喜びがヒシヒシと伝わってくる。「とても気分がいい」とあるように、浄霊され、苦しみから解放された嬉しさでいっぱいのようだ。その喜びとお礼を伝えるために、今まで機会をうかがっていたようだ。
他人を通して先祖が訴えてくるなど、こちらでの浄霊をしているものでないと、到底理解することはない。先祖は絶えずサインを送っているが、それを受け取るためのアンテナは、浄霊により磨かれていく。このような先祖との交流が、いざと言う時に重要になってくる。