先祖の催促

『 4月は2名の浄霊お願い出来ないでしょうか?
今回は母と相談し、Tさん1名のみお願いしようと思っておりました。SさんはY家から出られた方なので「後でも良いかな」と思っていたそうですが、その日に急に血圧が上がり驚いていたそうです。多分、Sさんが「後回しにしないで!」と言ってきたような気がして決断したようです。
3月の浄霊でも前回同様に大きな光の周りを白い雲のような(多分ご先祖様の魂)ものがふわふわと回りながら移動して行くのが視えたそうで、母が言ってくるのはきっとそうなんだろうなと感じるようになりました。
私は、何も感じることが出来ませんが、母を通して亡くなられた方々がサインを出してこられてるんだと思います。
よろしくお願い致します。 』

  

星椎水精先生のコメント

一刻も早く成仏したいと願っている先祖としては、浄霊を後回しにされるのは非常に嫌がる。特に、一度は口に出しておきながら、断りもなく末裔の都合で勝手に取りやめたり延期すると、先祖も怒り出してしまう。今回は早期に気づいたため、軽い障りで済んだようだ。供養は、あくまでも先祖の視点に立つことが重要である。