先祖のお陰

『 星椎先生、アトランス協会の皆様、ご無沙汰しております。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。
私は、このコロナ禍で大変な時期にも関わらず、お店も毎日沢山のお客様に来て頂き、日に日に評判も良くなっております。
周りの人達は、何故このコロナ禍でこの店は繁盛しているのかと、不思議に思っているようです。
これも皆、御先祖様が見守ってくれているからだと、本当にこの浄霊に出会えて感謝しております。
これからも頑張って、一人でも多くの御先祖様を浄霊できるよう、精進しますので、よろしくお願い致します。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
今回のコロナ禍では、特に旅行業や飲食店などが多大な被害を受けている。そのような皆が悪い中で、一店だけが繁盛していれば、多くの人が不思議に思うのも当然である。そこには、浄霊された先祖と末裔の、互いの感謝の気持ちがある。先祖供養を行う宗教団体は多いが、そこでこの様な体験談があるのか、である。この違いを考えれば、こちらの浄霊が本物である事が理解できるだろう。
今回の体験談でも、先祖が一生懸命に末裔を応援しているのがわかる。常に無欲での浄霊(先祖供養)が、先祖と末裔を互いに生かす結果となる。