先祖とのつながり

『 星椎先生、スタッフの皆様。
本日は、ご先祖さまのご供養を執り行っていただきまして、ありがとうございました。今日は、時間が取れましたので、ご供養が始まる時間に合わせて瞑想をする事が出来ました。
最初はソワソワした気分でしたが、少し経ちますと、落ち着いた気分へと変化していくのを実感します。
よくある事なのですが、ご先祖様の気持ちが反映されているのではないでしょうか。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
浄霊前に教会で感じるのは、浄霊を今か今かと待ち望んでいる先祖の意識である。あたかも、大きなイベントが始まる直前の、期待と希望が入り混じったようなソワソワした気持ちである。メールにあるように、瞑想時、「最初はソワソワしていても、少し経つと落ち着く」というのは、先祖が無事に成仏した証でもある。
こちらで浄霊している人の中で、見えなかったことを気にする人がいるが、実際は「見える、見えない」ということはそれほど重要ではない。大事なことは、先祖が成仏できたことを実感することであり、その人に合った方法で先祖はお知らせしている。浄霊後に体が軽くなったり、先祖の夢を見たりなど、その方法は千差万別である。霊能者並に見えるという人でも、こちらの浄霊が続くとは限らない。要は、浄霊を理解し、先祖とのつながりをしっかりと感じ取ることが重要なのである。