予兆

今朝4時30分ごろ、ニュージーランド沖で、南太平洋のケルマディック諸島を震源としたM8,1の大地震が起きた。さらに、昨日の22時30分ごろにニュージーランド北島の東の沖
合を震源としたM7.3の地震が、そして今日の午前2時40分ごろには同じく南太平洋のケルマディック諸島を震源としたM7.4の地震が起きている。この付近では最近、大きな地震が頻発している。
日本で大きな地震が起きる前に、この環太平洋でも地震が起きていることから、警戒が高まっている。東日本大震災の17日前には、ニュージーランドのカンタベリー地方で大地震が発生しており、2016年の熊本地震の前にも、南太平洋で大きな地震が起きている。これらのことからも、日本で大きな地震が発生してもおかしくない状況になりつつある。
日本では特に、東北、北海道や関東、そして九州や四国の海側の地域は注意が必要である。防災用品などの備えも大事だが、同時に先祖の浄霊も重要な要素となる。浄霊(先祖供養)によって基礎をしっかりさせておくことが、いざと言う時の本当の備えとなる。