世の中の異常

現在、世界各地で起きている世の中の異常は、地球の神がもたらす試練でもある。人間が地球を荒らした結果、それに対する処置が行われている。地球の波動に合わせた行動をとらなければ、地球が逆上する。この結果、地震が起きたり津波がやってきたりとなるのである。しかも最近は、北地極の位置が急激に南へと移動中とのこと。全ての変化に対応するために、人はやるべきことをいち早くやらねばならない。のんびりとしている場合ではない。
その変化にイライラしているのが、先祖霊たちである。彼らには、この先の様々な事象が見えており、そのためにどうすれば良いのかを末裔に伝えようとしている。最初は軽く知らせるため囁いたりするが、わからない時は事故や大病で分からせようとする。それらは、今までの霊障と同じだが、少し違うのは、病気と事故が同時に来たり、いつもより二重三重苦を伴うことが多くなったりする。つまり、天変地異が来れば先祖霊たちも消滅してしまうので、パニック状態を起こしているのである。
今の世の中の異常は、先祖霊たちの異常と比例してくる。