メディア

『 先月は5名の方を浄霊していただき、誠に有難うございました。
当日は人手不足に加え、奥さんの出産に立ち会う職員の公休が重なり、瞑想は出来ませんでした。
その後、月末に体調不良となりましたが、幸い酷くはならず回復する事が出来ました。
春のお彼岸の月に5名の浄霊をお願いでき、とても有り難い事です。
次回もよろしくお願いいたします。
それから4月の会報を読ませていただきました。
志村けんさんについては、身の回りでもショックに感じている人が殆どですね。
「笑いで人を幸せにした」という印象なのかもしれませんが、私はそうは思いません。
確かに、昔からTVで家族を笑わせてくれましたが、その笑いが人々の考えに良い影響を与えたとは思えません。
また、裏の顔がどういう人物であったのか、私にはわかりませんが、大物芸人なので悪い部分も大きいと思います。
コロナウィルスについては、youtubeで最近は陰謀論的な動画を沢山見かけます。
何処までが真実なのか、確かめるすべはありませんが、自然に発生したというのは無理がありますよね。
日本のメディアは同じことしか報道しないので、自分で情報を得ることも必要に感じています。
私も職場が介護施設なので、いつ感染者が出るかとヒヤヒヤしています。
職場でも発生時のマニュアルを作成しましたが、実際に感染者が出たときに有効かどうかは疑問です。
田舎なせいなのか変化しようとしないところは、政府の縮小版といった印象です。
このような時だからこそ、どこでも出来ない本当の浄霊が必要なのでしょうね。
世界の仕組みが大きく変わったとしても、そこは変わらないと思います。
次の会報とコラムも楽しみにしています。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
亡くなって間もない頃、NHKのドラマに志村けんが出ており、それを見ていたキャスターが涙していた。亡くなった人の事を考えたとき、涙が出たり悲しくなったりするのは、その人が成仏していない証拠である。見るものを通して、その無念さを訴えている。
世間ではいい人と思われていても、果たして先祖から見てどうだったのか、ということになる。仮に先祖を浄霊し大事にしていれば、少なくともこのような結果にはならなかったであろう。
最近では、真実を報道しないマスコミに辟易し、youtubeなどを利用するものも増えている。ただ、間違った情報も非常に多いので、注意が必要である。

(2020年6月1日)