ペット

近年では、ペットの病気が拡大しつつある。それも、白内障や花粉症、糖尿病、心臓病、果てはガンといった人間と同じ病気になっている。なぜ、そのようなことが起こるのかを、ほとんどの人は真剣に考えない。すでに家族の一員となっているペットを、先祖たちも家族同様の扱いをし、簡単に憑依する。
例えば、脳の病気で亡くなった霊は、ペットに憑依し同じような病気を起こし、末裔に訴える。そこで、先祖の霊障だと気づいて浄霊すれば解決の方向へと向かうが、先祖が成仏していると信じて疑わないものたちばかりなので、さらに霊障はエスカレートしてゆく。
ペットの病気の多くは、食べ物やワクチンなどによって弱ったところに先祖の憑依が来て起こる。ペットが人間と同じ病気を発症しているところに、違和感を覚えないほど、現代人の感覚は鈍くなっている。こちらで浄霊をしている家のペットは、どこも健康で病気などほとんどせず、長生きである。それほど、先祖の憑依は大きいものであると認識した方が良い。