パニック障害

スタッフの話。

「私の家族の友人(51歳)なのですが、彼女はパニック障害を患っています。最近は症状も落ち着いていたのですが、先日、一度だけ激しい症状に見舞われたそうです。それは、親戚の葬儀に参列した時のこと、突如不安に襲われ、呼吸困難の状態になったそうです。もう治ったと思っていたのに、急に症状がでてとても驚いた、とのことでした。」

  

星椎水精先生のコメント

コメント:
話を聞く限り、彼女はかなり霊媒体質のようだ。家族の中でも、彼女が霊的に一番弱く、さらに先祖の憑依によって一種のパニック状態に陥ったようだ。こういった経験から先祖の浄霊に気づいて頑張っていけば良いのだが、彼女は無神論者のため、これからも苦しむ事になるだろう。霊媒体質で無神論者とは、もはや救いようがない状態である。