タイガー・ウッズ

プロゴルファーのタイガー・ウッズが、ロサンゼルス近郊で自身の運転する乗用車が横転し、大破する大事故を起こした。この事故により、両足を粉砕骨折するなどの重傷を負い、右下腿数か所を固定する手術を受けた。意識はあり命に別条はないが、目標にしていた4月のメジャー、マスターズでの復帰は絶望的で、選手生命の存続も危惧されている。
タイガー・ウッズに関しては、以前より先祖の憑依を強く指摘していた。本人に手紙も出したが、返事がなかった。20年ほど前の最盛期の彼は、非常に人気があり、バネがあってすごく良いスイングをしていた。しかし、父親の死を機に憑依が激しくなり、腰や膝など、ゴルフに大事な部分に強く影響を及ぼしている。そのため、何度も手術をすることになり、昨年12月にも5度目の腰の手術を受けている。心の不安や、スッキリしないことを本人も自覚しているが、どうしてよいかわからないようだ。
先祖からのサインがかなり来ているのだが、それでも憑依というものが理解できないため、今度は交通事故に発展した。事故現場付近は、浮遊霊が非常に多い場所であり、先祖と浮遊霊が結託し、今回の事故に至ったようである。幸い、一命は取り留めたが、事故により足や足首などに重傷を負ってしまった。右足の粉砕骨折となっているが、右足はバックスイングで、左足はダウンスイングで体のエネルギーを支える重要な部分である。後遺症が残ることも考慮すれば、以前のようなスイングができなくなる可能性がある。また、長い期間トレーニングが出来なければ、年齢から言っても表舞台に戻ってくるのはかなり難しいと言える。
本人は徳を使い果たしてしまっており、今回の事故を機に引退となるかもしれない。浄霊をしていれば、今回の事故も回避されただろうが、そこまでの徳はなかったようだ。皆に勇気や希望を与えるといったプラスがあるのだが、先祖を放置してしまっているというマイナスが、それを上回っていることが、今回の事故へと繋がってしまった。アメリカは特に、見えない部分の荒れが凄まじく、彼の先祖たちもかなり焦っているようだ。