ガード

ガード(防御)をオーラという言葉で言い換えたりもするが、もともと先祖などの霊が見えるという霊能者たちは、ガードが薄く自分の家の先祖が片付いていないものが殆どである。その薄いガードによって、先祖や浮遊霊、生霊に憑依されるのである。テレビに出ている霊能者は、100%自分の家の先祖が浄化されてはいない。「あなたの先祖は成仏していませんよ」と言うが、自分の家の先祖たちは、彼らの背後にちゃんとおり、「いつ成仏させてくれるのか」と待っている状態である。客観的に自分のことなど分からない、というのが霊能者たちの特徴でもある。最期は、悲惨な死が待っている。それは、お金の欲に負けたからで、彼らの生き様は、地球の神から与えられる落とし穴に気づかずに、さらに他家の家庭の先祖まで背負い、重圧に耐えられなくなるのが実態である。ただし、これらの霊能者は、プライドが高くガードが薄くなり、霊能者同士の無残な力比べでお互いを傷つけるケースが多い。
このガードを強く厚くする方法は、一つしかない。肉体的な努力は、肉体が解決するのではなくて、先祖の供養(浄霊)によって、ガードは厚く強くなる。