ガン

現在、ガン患者は増加の一途を辿っている。2017年には、37万人もの人が、ガンで亡くなっている。ひと昔前は、10人に1人といわれていたが、今では2人に1人がガンになり、さらに3人に1人がガンで亡くなっている。1家族に最低1人がガンに罹っている状態である。
どんなに医学が発達しようと、それを遥かに超えるスピードでガン患者が増えており、せっかく貯めた財産すら、医療費に消えていく結果となっている。このガンの勢いは、とどまることがない。例え将来、ガン治療が発達しても、ガンはそれを超える強さで進化してゆく。これを、単に医学の見地だけで判断するのは、やめた方が良い。
このガンの仕業は、先祖の霊に他ならないのである。先祖が成仏していると疑わず、馬鹿にした罪は大きい。先祖の反乱が、肉体を蝕んでいるのである。現代人は、この先祖の訴えに早く気が付くことが重要である。