お陰様

『 こんにちは、いつもお世話になっております。
先日は、お電話にてありがとうございました。
お陰様でコロナ禍の現状をあまり感じることなく過ごせております。
今朝の朝礼で、冬の賞与について話があり、8月からの業績も好調で、このまま行けば例年と変わらない支給が出来るとの話がありました。
本当にお陰様で、感謝しております。
息子の進学も早々に決まり、安心出来ました。
何より、自宅から通える所に行ってくれるので、今と変わらない生活で私としては助かっております。
息子は先生からも家から通うなんて親孝行だなって、言われているようです。
本当にいつもありがとうございます。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
依然続くコロナ禍において、好調なものとそうでないものとにハッキリと明暗が別れている。時代の変化の波が訪れており、この変化には、大きな痛みが伴っている。対応できないものや、必要がないものは、どんどん淘汰されていく。
そのような厳しい中でも、こちらで浄霊を一生懸命に頑張っている人たちからは、不思議となんとかなっているとか、業績が良いなどの報告が続々と届いている。特に、自分のことよりも先祖の浄霊を優先してきた人ほど、先祖の力やおかげというものを実感しているようだ。
先祖の浄霊による先祖との一体化こそが、これからの大きな変化を乗り越えていくのに必要な原動力となっていく。