お礼

『 こんにちは。
星椎先生のコラムに掲載される事は本当に喜ばしい事です。
一人でも多くの人が、星椎先生のコラムを読んで、この素晴らしい供養を知ってもらえれば私ももっと頑張れます。
先日、不思議な事がありました。
星椎先生から浄霊のお許しのメールを頂いた日、以前勤めてた会社の所長が、初めてお店に来てくれたのですが、その日に限って、次から次へとお客様がひっきり無しで入ってくれました。
外で待っているお客様もいて、所長がこのコロナで閑古鳥が鳴いてると思って激励に来たのに、この店はどうなっているんだ?ってビックリしていました。
私もこんなお客様が来るのは、お店始まってから初めての事でしたので、主人は今日は一体どうしたのかなって、不思議がっていました。でも私は、(浄霊をお願いした)Sさんがお礼の意味も込めて、お客様を呼んでくれたんだなと確信しました。
本当にこの浄霊をしてから私の人生は大きく変わりました。
星椎先生のお陰です。
これからもよろしくお願いいたします。 』

  

星椎水精先生のコメント

 
今回のコロナ禍では、観光や宿泊、外食産業などが大きな打撃を受け、悲惨な状況にある。北九州でも、コロナの影響で閉店を余儀なくされたデパートもあった。不況でどこも閑古鳥が鳴いている中、体験談にあるようにお店が繁盛すると、周囲との違いに驚く人も多い。こちらで浄霊をしている人で、飲食店を切り盛りしている人がいるが、その人は「ご供養をしてもらった日は、なぜかいつもお店が大繁盛するんです!」と驚いて御礼を言っていた。無欲の供養を認め、先祖が応援をしたようだ。
体験談の話は、今回浄霊を申し込んだ人のお礼というより、今まで浄霊された先祖の応援だろう。「まだまだ大勢の先祖が待っているので、供養を頼みます」というメッセージがあるようだ。