お礼

『 星椎先生、アトランティス協会の皆さま
この度の浄霊及びパワー入れをありがとうございました。
レポートもいただきましてありがとうございます。本当に安心して車にも乗れますし、この家も落ち着いていることが出来、有難いの一言につきます。
折しも、先週初めに管理組合からの連絡で、近所(どこかはわかりません)で白昼に泥棒が入ろうとしたことがあり、こんな静かなところにも物騒なことが起きるようになったと思います。
この度ご供養していただいたのは義父の血縁の方々でしたが、昨日義父を通してお礼を言われたと思います。義父は普段私に積極的に話しけてきたりしないのですが、昨日の連絡時には「Yさん、いつもお世話になってます」と言われました。あれっ?これはご先祖様からかなと思いました。義父は脳の萎縮が少しずつ進んできているのか、義母の育てている鉢植えの花を引っこ抜いてしまったり、家じゅうのコンセントや電話線を抜いてしまったりしていて、主人の従妹に大変お世話になっています。でも、このところ、ぐずぐず何か言ったりとか、叫んだりとかはしなくなりました。顔も穏やかになっていて、「元気だよ、元気だけどさっぱり何も分からんようになった」と言っていますが、誰が誰かはちゃんとわかっています。心配な行動もありますが、 特にこの時期はちょっと帰省するということが難しいので、 落ち着いてくれていて本当に有り難く思います。 』

  

星椎水精先生のコメント

通常は、加齢に伴う体力の低下とともに、オーラも徐々に薄くなってゆく。認知症などの場合は、より弱くなってしまうので、先祖だけでなく他家の先祖霊や浮遊霊にも簡単に憑依されてしまう。そのため、操られたように不可思議な行動をとってしまう。しかし、こちらで先祖の浄霊をしてゆくと、認知症の症状が緩やかになったり、改善したというメールもいくつも寄せられている。逆に浄霊していない家では、特に症状がひどくなってしまう一方である。いかに憑依が大きく関係していることがわかるだろう。
身内の状態が、先祖が落ち着いているのか荒れているのかのバロメーターにもなる。