お断りの儀

最近、ペットの異常について問い合わせがあった。飼っている犬の様子が、普段と比べておかしく、原因もわからないという。身体には特に異常はなく、精神的なものと思われるが、飼い主はそれがなぜだかわからず困っていた。そこで、最近変わったことがないかと聞くと、一つ気になることがあった。住んでいるマンションは築30年で、現在エレベーターの改装工事を行っているそうだ。これが原因なのではないかと私は思った。エレベーター騒音や振動がストレスになっているというのではなく、工事によって建物自体が騒がしくなっているのを感じた。このような場合、建物に対するお断りが必要になってくる。家を建てるときに地鎮祭を行うように、こういった建物の工事を行う場合も、お断りをした方が良いだろう。長い年月で建物に染み付いた住人の念などが、工事によって荒らされてしまう。寝た子を起こすようなもので、それによって工事でけが人が出たり、最悪の場合、死者も出る可能性もある。特に、オーラの薄いものや霊感のある人が犠牲になりやすい。この飼い犬も、本能でその危険を察知し、飼い主に必死に訴えていたようである。
彼はその後、すぐにこちらにお断りの儀式を依頼した。儀式終了後は、飼い犬の異常は消え、元の元気な姿に戻ったという。