いわくつきオリンピック

東京オリンピックが開催された。本当に開催してしまったことに、驚いた人も多いだろう。これだけ世界中がコロナで大変だと言っている時期に強行開催したことや、日本のモラルの低さが露呈したことで、世界からは馬鹿にされている。
そもそも、オリンピックの開催が、一体誰のために、何のために行われるのかを考えなければならない。開催前の数日だけでも、何人もの五輪関係者の不祥事が発覚し、辞任に追い込まれている。中には数十年前のことも槍玉に挙げられているものもいるが、こう言ったものたちが中枢にいたことを暴露される形となった。これは、商業主義に走っているものたちへの神罰でもある。スポーツの祭典、平和の祭典といいながら、その中身はお金儲けであることに、多くのものがすでに気づいている。アスリートファーストなどと耳障りの良い言葉を多用するが、テニスのジョコビッチらが暑すぎて、時間の変更を訴えているが、受け入れられてはいない。選手の命よりも、放映権を重視した結果が、このような状態を招いており、ますますオリンピックの存在意義が薄れていくだろう。
この一年余りのコロナ騒動がなければ、ほとんどの国民が、オリンピック開催を受け入れていたに違いない。しかし、SNSにおける言論統制などにより、与えられるだけの情報から、自ら調べ、政府を信用しなくなっているものたちが増えている。これは、コロナ騒動における良い面とも言える。以前より東京オリンピックのマークが、葬式の花輪を連想させると言われてきた。実際に、トヨタなど大手のスポンサーが離れている。商業主義のオリンピックは、今後終焉を迎えるだろう。