TV

『 連日、コラムの方に私の感想を取り上げて下さいまして、誠に有難うございました。
星椎水精先生のコメントにもありましたが、TVもこれと言って面白い番組も無く、TVの時代ではなくなってきていると感じています。
中学生の娘を見ていましても、今やネットの時代でしょうか殆どテレビを見ていません。
まあ暇さえあればネットで様々な動画や情報を見たり、メールをしています。
携帯電話はまだ持たせていませんが、音楽を聴く端末でもwi-fiが繋がった環境であれば手元で簡単にネットが見れ、家の中なら移動がきくので、いつでもどこでもネット見放題状態です。
以前、勉強で分からない所をネットで検索し動画サイトを開き、「先生より分かりやすい!」と言っていた姿を見た時は、学校が必要なくなるんじゃないの?って思いました。
映像技術もさることながら、ネットの発展も目覚ましいですね。
今後の高度なホームページを楽しみにしております! 』

星椎水精先生のコメント

「悪貨は良貨を駆逐する」ということわざがあるように、今のTV界は、三流番組のために、良質な番組まで視聴率が減少している。ニュースは、どこのチャンネルを捻っても、ほぼ同じ画像と同じ内容になっている。このことを担当者に直接聞いて見たところ、大手のメーカーが実際に訴えられたのだが、違う見方や違うコメントをすると、法的に訴訟を起こされるらしく、コマーシャルが一気に引いてしまうようだ。金銭的な問題もさることながら、ディレクターも若いものばかりで、新鮮なアイデアが欠落している。
そして、お笑い芸人や若い歌手の中には、悪魔が多く、若く意志の弱い視聴者は、悪魔の僕化となりつつある。先祖だけでも大変なのに、悪魔から肉体が支配されると、狂暴化したり薬漬けになったりする。こちらでの浄霊は、そのような悪魔の支配からも遠ざかる力が付いてくる。

このページの先頭へ