地上界と幽界の間

お彼岸が近づくと、奇妙な夢ばかり見るようになる。朝方、重苦しい夢を見た。それは、地上界にしては軽く、幽界にしては重い感じの夢だった。