先祖の大切さ

人は、自分一人で生きていると考えている人が殆どである。しかし、窮地に陥った時、「先祖様助けてください」とか「神様、助けてください」と都合の良いことを願う。その窮地を脱した時には、先祖のことや神様のことを忘れてしまう。

助けを求める

ドラマでもよく「(亡くなった)おじいちゃん、助けて!」と叫ぶシーンがあるが、よほど犠牲心がなければ、亡くなった人が末裔を助けることはない。霊たちは、ほとんど生きた末裔たちに力を貸すことが出来ないのだ。