葬儀

日本人は、形式がとても好きな人種である。葬儀にしても、数百万円も出して行う葬儀に満足している人がとても多い。では、そこに真実の葬儀の意味があるのだろうか。死んで霊となったもの達の視点がどうなのかを、もっと知らなくてはならない。

霊前   

仏壇やお墓などの前で手を合わせた時や、葬儀や法事で、故人の生前のことを考えて涙を流すことは、誰でも味わうことでもある。しかし、それには深い意味がある。