映画「ワールド・オブ・ライズ」

2008年に発表されたこの映画「ワールド・オブ・ライズ(Body of Lies)」のあらすじは、CIAに雇われた元ジャーナリストの男(レオナルド・ディカプリオ)が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス。

映画「ダマスカス」

ケーブルテレビで深夜に見たこの映画は、中東の生に近い戦争が主題になっていた。ISISがどれほど怖い存在かをその映画は、生々しく伝えていた。