平成最後の浄霊の儀

浄霊の儀、ありがとうございました。11時5分頃、上半身がうねうねと揺れ出し、首から上がでんでん太鼓のように振り出しました。頚椎から音が鳴りだしたので、いつまでこの動きは続くのか懸念してしまいました。間も無く動きは沈静化して、浄霊の終了を感じました。

成仏  

本日は浄霊をしていただき、本当にありがとうございました。私は浄霊をお願いした皆様に心の中で声をかけながら、しばらく瞑想をしました。するとムラサキ色の丸いような光がピカピカしながら現れては消えていくような景色が、何回も繰り返されました。その後赤い光が見え、その後全体に白い光が見えました。もしかしたら皆様が成仏されていく様子だったのかなと思い、涙がじんわりと出てきました。

浄霊後

ご供養の2日後ぐらいから頭が痛くなり吐き気と寒気とに襲われました。でも熱も無く、その次の日には足が痛くなり、子供達そっちのけで二時間程寝てしまったりしました。何で何で?と思ってましたが星椎先生のコラムの体験談を読んで居て、これはご供養して頂いたご先祖の苦しみなのだなとふと思いました。

日本人の意識

日本の番組では、寺の坊さんが霊に語り掛け、成仏させた、というのであるが、これは非常に幼稚な、そして何十年も変わることのない発想である。仏教や他の宗教には、霊界の本体を描写した記述などない。寺の坊さんが、成仏をさせる力など100%あり得ない。霊に対して諭すくらいでしかない。それを成仏とは言わない。全く江戸時代そのもので、時代錯誤も甚だしい。

霊障

先日、ちょっとした油断から久しぶりに風邪をひいてしまいまして熱が出てしまい、仕事を1週間休んでしまいました。元々、風邪を引きやすい体質に、お彼岸時で霊障もあったのかなと思っています。風邪を引きますと、食べ物の匂いも味もしなくなります。成仏されていないご先祖様はもっと長い間、亡くなった時の苦しみをひきづったまま我慢しておられるのだろうと思いました。