会報のお礼と感想 

会報にあった「酒乱」についてですが、真っ先に頭に浮かんだのが、埼玉県幸手市市長の不祥事です。 平和式典で広島に訪問中、泥酔して女性店員とトラブルを起こし、暴行容疑は「身に覚えがない」と否定しているそうです。これも「魂の入れ替わり」そのものではないかと思いました。

弟 

弟の葬儀のために、10日間日本に滞在した時には宿泊先のホテルで面白い体験をしました。

身近な夢

3月、4月のカレンダーを拝見すると、きれいな空にカナダの国旗が揚げられた美しい建物が目に飛び込んできました。1月、2月のカレンダーの静かな雰囲気から一転、これから何か新しいことが始まりそうなウキウキとした気持ちになりました。

おかげ

母親は先月の脳梗塞の定期検査で、たまたまお医者さんに「CTを撮ってみましょう」と言われ、心臓の石灰化が見つかりました。手術の後、お医者さんから説明があったのですが、血管の何ヵ所かが、もう今にも切れそうなぐらいになっていて、先生が「本当に危ないところでした」と言われましたので、恐ろしくなりました。CTの検査からカテーテル手術までしてもらえたのは、本当に星椎先生がご供養してくださっているおかげと思いました。