争いについて

ふと頭の中に浮かんできたのですが、人類の長い歴史の中での個人及び集団同士の勢力争いで、数え切れない欺きや裏切り、陰謀が企てられ、その度に人々が敵味方となって争いに巻き込まれ、敗者は無念や勝者への怨恨を心に抱えて亡くなっていったはずだと思います。

助けを求める

ドラマでもよく「(亡くなった)おじいちゃん、助けて!」と叫ぶシーンがあるが、よほど犠牲心がなければ、亡くなった人が末裔を助けることはない。霊たちは、ほとんど生きた末裔たちに力を貸すことが出来ないのだ。

信念  

カルマというのは、前世からの宿題、或いは他の星から地球に入るための約束事となっている。この約束事は、一生のうちに行うという宣言書を履行するもので、途中放棄する自殺などは、約束破棄ということで重い罪を課せられる。

役目

先日はご先祖様の浄霊と、I家の墓じまいの「お断り並びに墓所魂抜き」の儀を執り行なって頂き、誠にありがとうございました。