交配

hoshiiコラム

最近のアブダクションには、相当なスピードで変化(へんげ)の進化がなされている。もはや、宇宙人なのか地球人なのかが、分かりづらくなっている。ハイブリッド化が進み、瞬時に宇宙人になったり、人間になったりしている。このことも知らずに、のんびりとした日本人が生活しているのである。

遠い昔

hoshiiコラム

遠い昔、ほぼ人間に近い種族が、地球を訪れ、地球に合った種族を生み、人間の祖とした。勿論、何回も崩壊を繰り返しては、現在のような人類を生んでいた。彼ら種族は、アヌンナキで、地球の金を目的に訪れ、エンリル、エンキの指導の下に人類を奴隷として使用していた。

令和の時代

hoshiiコラム

報道されていない真実は、刻々と変化し、月面では多種の宇宙人が交流を図り、様々な宇宙戦争を引き起こしている。ただ一般の人は、報道されていないことで安心しているようだが、突然、風景が変化する時代に入ることを視野に入れて行動する必要がある。令和という時代は、そういう意味で大きな変化をもたらす時代に入ってゆく兆しとなる。

映画「アブダクション」

hoshiiコラム

映画「アブダクション」は、単にあり得ない話というより、実際に起こった話を映画風に仕上げたと私は個人的に思う。

地底人

hoshiiコラム

地底人の存在が確かなことで、彼らのインタビューがアメリカで密かに行われていた。私は、この地底人に関しては、今から30年ほど前に理解していた。彼らが人間と交流する時は、地表が危険な状態の時だとも言っている。