安倍政権への不満

安倍晋三への不満が爆発寸前になっている。トランプのポチとも言われ、外交が崩壊寸前である。誰も安倍の外交を支持するものさえいなくなった。浮かばれていない彼の親族も大暴れし始めている。そして、体は崩壊寸前である。

事件

刺青を入れた強面の男が逮捕された。この男は、外面は怖そうだが、本音は生真面目な弱虫である。先祖の中に極端な酒飲みが前面に出ているために、どうしても酒を飲まずにはおれなくなっている。

76歳の義母

76歳になる義母が、アルバイトを始めたというのです。「これでお小遣いをあげられる」といって笑っていました。この年齢だと、医者通いが始まったとか聞くけどバイト始めましたは聞かないですよね。お陰様でうちはみんな元気でやれています。浄霊って素晴らしいですね!

「基礎の弱い木は伸びない」

人は皆、出発点では同じラインで生まれてくる。前世での課題を取り残して生まれたものには、それぞれのハンディがあり、歩み始めると体が重いのに気づくようだ。努力すれば何とかなる、とか、人生は厳しいものだ、とかの妙な哲学で禅を極めるような発想を持って生きてゆくと、最後は重病となる。

安倍氏と加計氏

加計問題は、いつの間にか逃げられる態勢に入ったと安倍氏は密かに思い始めている。安倍氏は首相という名に最早相応しくない男である。父親が首相に成り切れなかったことの反撃だろう。彼の外交は、単純で「お金」をちらつかせ、そこに引っかかるものだけを釣り上げる幼稚な手腕をとっている。国民の税金などとは、少しも頭には入れてはいない。